FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

惨めなM夫


妻の体調不良やプライベートな事での忙しさからか、妻にほとんど
かまってもらえない日が3週間続き、とうとう「どんなやり方でも
かまわないので射精させて下さい」と懇願してしまいました。

うちの場合は平日は貞操帯を装着しないで、週末になると装着
するという形の射精管理で、平日の装着していない間は、トイレ
以外自分のモノに触ってはいけない、という決まりがありますので
貞操帯のない間の管理の方がずっと辛いです。

自分の意思で我慢するしかなく、かと言って隠れて射精してしまう
くらいなら最初から射精管理なんてして欲しいと言いませんので
なんとか約束は守っていますが、今回の週末も装着なし、妻からの
命令もアクションもない状態での3週間はかなりきつく、ダメな事ですが
(体調不良や気分がそのモードに入らない時もあるのはよく分かって
いるつもりですが)懇願してしまいました。

それでも妻のテンションは低く、「もう3週間も経ったのね。じゃあ見てて
あげるから服もそのままで手を使わずにならしてもいいわよ」と冷たい
感じではありますが、言ってもらえました。

妻も私も普通のルームウエアーで、言葉もかけられず、当然身体に
触れてもいただけず、軽蔑するような冷たい視線でリビングのソファーに
座り床に這いつくばっている私を見下ろしているだけです。

射精したい一心で懇願してしまった私は妻の言いつけどおり着衣のまま
床にうつ伏せになり、何もない床のフローリングに自分のペ○スを擦り付け
腰を卑猥に動かし、射精をしたい一心で、普段の私を知っている人からすると
到底考えれないような惨めな姿でさかりのついた犬のように固い床を対象に
腰を振り擦りつけます。

本当に惨めな中年M夫の姿だろうと思います。
これ以上ないくらいに。

ほんの数分後、たまりにたまった精子がパンツの中に「どろっ」と出ました。
着衣のまま、しかも床を対象にパンツの中での射精は、いつもの射精の
ような解放感はなく、余計にフラストレーションが残るような感じでしたが
射精したあと、あまりの自分の惨めさ、情けなさに、目から涙が出ていました。
いい年をした大人が、何やっているんだろう・・・・と

妻はその涙を指で拭ってくれましたが、それでもテンションは低かったですが
私の為を思ってか?「しばらくそのパンツのままでいなさい」とだけ言い、
また読んでいた本に視線を戻しました。

自分からお願いした射精管理の生活とはいえ、こんな時は本当に辛いです。
以前のように自分の意志のまま、やりたい時に妻を四つん這いでソファーに
手をつかせ、着衣のままパンツだけ脱がせて、バックでガンガン犯し中に出し
自分だけ満足したら、妻にはティッシュを数枚渡して自分の中の私の精子が
出てこないように押さえさせならが、ぺ○スを口で掃除させたりと、今考えると
自分本位でやりたい時にやりたい放題のSEXをやっていた頃に戻りたいと思う
事もありますし、かと言ってそのようなノーマルなSEXでは満足できず、しかも
元来の強いM性をもった自分が最大限の喜びを感じる事が出来る究極は射精管理
しかないとも思いますし、この年になっても心が揺れる時があります。

たまに普通の時、妻にこのような事を言うと「今回は、このままやっていこうか」
と言ってくれる事が一番の希望です


どちらにしても我儘な夫です。








[ 2014/11/10 13:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日常


前回の「久しぶりの装着」の後も、調教はしていただけました。

時間をとっての調教の時は、寝室での調教になり、まずはベッドに腰かけた
妻の足下に土下座をし、夫婦ですので私の「お願いします」のご挨拶もなく、
妻の言葉もなく始まる事が多いです。

貞操帯だけを身にまとった全裸で土下座した私の頭を踏みながら、何かを考えて
いるようにも思えます。
髪の毛を掴んで顔を上げさせられ、綺麗な足を私の口の前に突き出します。
精液が溜まりきって欲情している私は、夢中でおみ足に奉仕させていただきます。
足裏に舌を這わせて舐める事から始め、足指を一本ずつ丁寧に舐めていきます。

以前の妻なら足を舐められても、「気持ちよくもない」と言っていましたが、
最近では、私に足を舐めさせる事で快感を覚えるようになってきたみたいで
私にとっては綺麗な妻の足を舐めさせてもらえて、しかも妻が気持ちよくなって
くれていると思うと尚更嬉しいですし、余計に一生懸命舐めさせていただけます。

足舐めの後、いつもより多めの数の麻縄を使って、両手を頭の上で縛り
別の縄で上半身は亀甲縛りで、首から胸、腹へと縛っていき、男のモノをつけ根
ごと2周縄を巻き、縄尻を上に持っていき留めます。
初めてですが、脚も1本ずつ大腿部から足首にむかって縄をぐるぐる巻きにされ
そのまま仰向けに寝させられ、頭の上で縛られた手はベッドの下の枕側で固定され
片方の脚はベッドの下の足元に、片方の足は大きく開かされて、ベッドから少し
離れたところにあるテーブルの脚の固定され、「人」のような形で拘束されました。

この時の様子を妻のスマホで撮影してしてくれましたが、すぐに消してしまいました。
今度、機会があって、高齢奴隷の画像でよければUPしますね。

後は前回のように下着のままの顔面騎乗で乳首を弄ばれたり、貞操帯の上から
電マを当てられいきそうになると、さっと離して貞操帯のリングからパンパンに
はみ出た袋に電マを移して今度は痛みの責めにされたり、それを繰り返しされた後
貞操帯ははずされ、妻は下着を脱ぎ、直接の顔面騎乗でご奉仕させていただき
妻が感じてきたら舐める事ができないくらいに強く押し付け窒息責めにして頂いたりと
妻も奴隷と言えども私のペ○スが欲しくなったのか、騎乗位で挿入してきました。

しばらくじっとしているかと思うと、激しく動きだしたりされているうちにお許しが
ないうちに私は妻の中に果ててしまいました。

前回と違い、今回は妻の中に、しかも直接いってしまったので、騎乗位からそのまま
私の顔に跨ってくれたなら、妻の中に出してしまった自分の精液を飲んで、お掃除も
する覚悟は出来ていましたが、なぜか妻はそのまま私の体から降りてしまい、
ティッシュで処理し始めました。
理由は分かりませんが、またもや精飲できなかったダメな奴隷です。
もっとしっかり「飲ませて下さい」とお願いすればよかったと後悔しています。


さて、長々とある夜のご調教の話を書いてしまいましたが、題名の「日常」は、上に
書いたような長時間のご調教も私のとっては天にも昇る気持ちですが、日常の妻との
関係も大好きな時間です。

普段はごくごく普通の夫婦ですし、何でもいっしょにする仲の良い夫婦です。
テレビもお風呂も食事も寝るのも全ていっしょにしてきましたが、最近はその日常に加え
今まで全く家事をしなかった私ですが、少しお手伝いをしたりしています。

それはお手伝いをしてご褒美に何かして貰おうとかという気持ちではなく、少しでも
妻が楽に過ごして欲しい、日常を少しでも忘れて気持ちや時間の余裕を持って欲しいと
思うだけですが、結果それがこの最近の(SM関係含む)関係性を益々よくしているのでは
ないかと思っています。
命令されるかとか、遊んで欲しいとかではないですね。
でも、偉そうなこと言ってますが、最近は肩もみをさせていただいているだけで、勃起します(汗)

うちは24時間奴隷ではないですが、今までにはなかった事も妻はしてくれるようになりました。
例えばテレビを観ている時も、たまに妻がソファーの座り私が床に座っている時とか、自然と
足置きにしていただけて、そのままテレビの内容に大笑いしたりとか、お風呂上がりにソファー
でくつろいでいる妻の足や肩のマッサージを自然としたりとか(寝る前にはほぼ毎日ベッドで
マッサージはさせてもらっていますが、それとは別に)、食事の時でも妻が咀嚼したモノを
「欲しい?」と笑顔で私の口の中に入れてくれたりとか、先日はお風呂上がりに「手を頭の
後ろに回して」と言われたと思ったら、私の元々薄い腋毛を一本ずつ抜きだして「こんなあるか
ないか分からないような腋毛なんて必要ないでしょ」と腋の下まだで無毛にされたりと・・・
ちゃんとした?ご調教もいいですが、こんな日常もとても満たされていると妻には感謝しています。

[ 2014/11/08 15:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久しぶりの装着 2


1時間後、ボールギャグと貞操帯が外されました。

今回は短い時間とはいえ、貞操帯を外してもらった
解放感は何とも言えない感覚で、勿論うれしい気持ちも
大きいですが、ずっと外されないままにして欲しいという
気持ちもあり、自分の変態度合いが虚しくなります。

アイマスクはそのままですので、直接見る事が出来ませんが
妻が私の顔の上に近づく気配がします。
するとさっき「よく見ておくのよ」と言われた赤のTバック
のクロッチ部分が私の口を覆い、下着を着けたままの
顔面騎乗をしていただけたのが分かりました。

下着越しとはいえ、M男性なら嫌な人はいない?顔面騎乗に
興奮が増します。
見えないですが、さっき見た光景を思い出しながら、貞操帯
から解放されたペニスは最大限に大きく固くなります。

自分で言うのもおこがましいですが、高年齢の割には小さ目
ですが私のモノの勃起力と固さは結構なものだと勝手に
思っていますので、本当に普段は爽やかな感じですが(汗)
性(SM)に関しては、淫乱だと思います。

その固く勃起したモノに妻はすかさずコンドームを被せます。
下着越しの顔面騎乗をしたまま。
普段、うちの性生活にはあまりコンドームを使う事はなく
バイブやディルドに使う事はあっても、直接ペニスに被せる事は
あまりなく、久しぶりに新鮮な感じがしました。

しばらくすると顔から妻のあの部分が感じなくなったと思った途端
下着を脱いだ生のその部分が私の口と鼻を塞ぎ、妻の体重の
ほとんどが私の顔に圧し掛かりました。

数十秒はそのまま圧迫され、私が縛られた足をバタつかせると
少しだけ息ができるようにあの部分をずらして数秒離してもらえたと
思ったら、またすぐに口と鼻は塞がれます。ほぼ全体重をかけて。

そんな状態を数回繰り返され(時間にしたら30分くらい)呼吸を制御
されたまま、勃起したモノを叩かれたり、手でしごかれたり、玉を
握られたりすると、よく首を絞められながらSEXすると感度が増すと
いう女性がいますが、その気持ちが分かると言うか、何にもまして興奮
と快感が高まりますし、まして窒息寸前の呼吸制御方法が、妻のあの
部分での呼吸制御ですので、これ以上の絶頂方法はないと思います。

顔面騎乗で気持ちよくなったのか、妻は声に出しているつもりは無いのか?
小さな声で「気持ちいい・・・」とか、はっきり命令口調で「まだいっては
ダメよ!」と耳栓をはずしてもらった私にははっきり聞き取れ、普段は
上品な妻のそんな声を聞いていると、妻も感じてくれているんだと、
益々興奮が増し、コンドームの中に大量の射精をしてしまいました。

当然、まだお許しが出ていない状況での射精でしたので、「まだいっては
ダメと言ったでしょ」と顔の上に跨ったまま言われ、コンドームを外したかと
思うと私の顔の前に持ってきて「罰として飲みなさい」と静かに言われましたが
結局、今回も許しをこうて、どうにか許してもらえましたが、次回からは、
飲む事を前提にしか射精させない!と断言されました。

特に今回は、妻の体の中に出したモノを直接飲まされるのならまだしも
妻の体液に全く触れていないコンドームの中の自分の精液だけを
飲むと言うのは、射精直後には難しかったです。
これもやはり夫婦間でのSMなので、甘えがあるのも分かっています。
ただ、これからは妻も二人の間でやっていく決意をしてくれたので
それに応えるようにしないといけないと強く思いました。

今まで妻は、精飲に関してはあまり拘りを持っていない感じでしたが
射精=飲む と断言するには、しばらくは2人だけでSMをするという事の
決意みたいなものを感じました。
第三者が加わった時は、どちらかというと妻は第三者に対してはMの要素が
大きかったからかも知れません。
と言うか、私たちは元々二人ともMの方が強いのだと思います。

以前よりもSMの要素が少なくなって?どちらかと言うとセクシャルに向いて
いるようにも思い、元来のSM質の私には少し物足りない?ような気がしますが
高齢の夫婦間でこれだけの事をしてくれる妻には、本当に感謝しています。


[ 2014/10/21 12:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

久しぶりの装着 1


週末の土曜日になり、久しぶりに新しく買ってあった
貞操帯(CB6000s)を装着していただけました。

平日、装着しないままトイレ以外は1週間 触る事も
許されなかったペ○スは、装着されると思っただけで
なかなか萎えなかったので、妻の手だけでは装着
するのが困難で、妻の見ていないところで私がある
程度まで嵌めて、最後の南京錠のロックだけは妻が
してくれました。

久しぶりに装着された貞操帯の中では、私のモノは
パンパンに勃起して、その痛みがまた快感に繋がりました。

そのまま夜まで普通に生活をして、夜遅くに入浴後
(この日は洗浄がなかったので嵌めたまま)ベッドルーム
に二人で行ったら、珍しく妻から「お道具キャリーバッグ
のキーを開けて、お道具を出しておいて」と言われたので
ドキドキしながらバッグを開け待っていると「全部脱いで」との
指示、貞操帯だけの全裸になりました。

「両手は頭の上」と、頭の上で両手を重ねて麻縄で縛ると
頭の上で縛られた両手の縄尻を引っ張って、ベッドの脚に
固定され、いつも妻が寝ている側のベッドに沿った床に
仰向けに一直線の物体のように拘束されました。

そして先ずはボールギャグだけを噛まされ、私の頭を跨ぐ
ように立った妻は「今のうちによく見ておくのよ」と言って
スカートを捲りあげて、その中の白くてすらっとのびた脚の
先にある真っ赤なTバックの下着姿を見せつけられました。

視線は妻のスカートの中だけですので、Tバックから伸びた
脚だけで、余計にセクシーで貞操帯の中のモノは完全勃起し
早くも先走り液が貞操帯の中をぬるぬるにしました。

しばらくしたらラバー製の目隠しマスクをされたと思ったら
耳栓も入れられ、視界もなくなり、音も聞こえなくなり、
妻は別の部屋に行ってしまったのか、30分ほど身体にも
触れられる事なく、そのまま放置されました。
そんな感じでの放置ははじめてだったので、不安とドキドキ感で
すごく興奮しました。

妻が部屋に入ったのは分からなかったのですが、物音も
しないまま、両方の乳首にクリップを挟まれ、痛みと同時に
頭のてっぺんまで快感が走ったと思ったら、妻はベッドに
腰かけていたのだと思いますが、その乳首につけられた
クリップを両方の脚で踏んだり、動かしたりして、最後は
片方の乳首のクリップを蹴り飛ばして外したので、ものすごい
激痛が走りボールギャグの中で大きな声を出してしまいました。

はずれていないもう片方の乳首のクリップも蹴り飛ばし外されるかと
身体を固くして構えていましたが、そっちはそっと手で外して
くれましたが、直後爪でつままれたかと思うと即座に噛まれました。
こっちの方か優しいようで痛みは強かったので、歯を乳首から
離した後は、半分気が遠くなりかけて少しぐったりしてしまいました。

その後、妻はベッドに腰をかけて本でも読んでいるのか、ぐったり
した私の胸や貞操帯の上に足をのせて、動かしたり軽く蹴ったり
しながら1時間ほど時間が経ちました。

(つづく)






[ 2014/09/22 15:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新展開

1年以上ぶりの前回の記事の後、色々な事で多忙になり
社会的にもこっちの世界の事でも変化がありました。

私たちの環境の変化から、最後の記事では第三者を交えての
関係までいってましたが、現在は最初の頃に戻り夫婦二人だけで
この関係を続けています。

私たち二人とも熟年齢の域に入り、年齢的にも肉体的にも
二人だけで続けていこうと話し合ったあと、純粋に射精管理を
行っている夫婦は、どんな感じで行っているのかを知る為に
そのようなサイトを探し色々を見させてもらいました。

私たちが初めた頃は、この手のサイトも少なかったですが、今では
多くの夫婦が射精管理をされているのを知り、世の中に浸透
してきているのを実感しました。

その中でも20代とかの若い美男美女夫婦で実行されている方も
数組あり、しかもその内容が徹底していて充実していて、画像も
美しいくスタイルも良いのが分かるような方達で、最近の方たちは
すごいと感心させられました。

その方たちと比べると、私たち夫婦のこのような行為は世間的に
みれば、嫌悪感を持たれているかも?と思うと、少し気が引けました。
その事もあってか、画像も一部削除させていただきました。

ま、人と比べるものでもないですし、二人だけが満足していれば
いい事なので、老体に鞭打って、これからも出来る限り続けていくと
思いますが、もう少し早くから始めていればもっとよかったかなという
思いもありますので、奥様にカミングアウトできないでいらっしゃる
M夫さんは、思い切って真剣に打ち明けてみたらどうでしょうか。

さて、本題の新展開ですが、二人だけで続けると決まってからは
私の仕事に影響が出ないように、仕事の時の平日は貞操帯を装着
しないで、休みの前の日から休みが終わる日までの装着となりました。

私が妻と離れて一人でいる平日の仕事の時に装着しないで、妻と
一緒にいる時に装着するなんて、反対じゃないか?と思われると
思いますが、妻にしてみれば、「仕事に影響するのが一番ダメな事だし
貞操帯がなくても私の(妻)の命令であれば、あなたは私の(妻の)
ものであるペニスを触る事も、まして射精なんて絶対にしないのは
分かっているから」と言っています。

それに元々M性の方が強かった妻ですので「私が(妻)SEXしたいと
思ったら、すぐに挿入できるし」とも言ってました。

確かに妻の命令であれば、触る事もしないですし、そこで触ったり
するようなら最初からこんな事はお願いしなかったと思いますし、
この関係もとっくに終わっていると思います。

私にしてみれば貞操帯なしで、触らないというのは余計に辛い事ですし
いっしょにいる時に貞操帯をはめられるという事は、一体いつ?解放して
もらえるか不安もありますがこれも自分が望んで始まった事、仕方ないです。

ただ、妻は貞操帯つけてない時は、毎日検査をしてやるからと言ってくれて
実際、前の休日が終わってから新しい射精管理が始まって今日で5日が
経ちますが、毎朝起きる時にベッドの中で朝の勃起をパンツの上から触って
確認してくれますし(お恥ずかしいですが、熟年齢になっても管理が始まった
次の日から朝勃ちしています・・恥)、仕事から帰って食事が終わったら
ソファーで確認してくれますし、極めつけはお風呂は毎日いっしょに入るの
ですが、私が脚を伸ばして湯船につかっていると、背面騎乗位みたいな
形ですでに勃起している私のモノの上に跨り、挿入して上下運動したり
前後に滑らせたりして本人も気持ち良くなりながら、「私といる時は常に
勃起しているか検査」と言いながら、私がいきそうになる寸前で抜いては
また暫くしては挿入してを何度か繰り返したり、本当に久しぶりにYさんに
仕込まれたフェラをして私の反応を楽しんだり、お風呂から出る前は
「自分で触ってはダメだからね」と挿入から抜いたばかりのペニスにソープ
をつけて洗ったりと、以前に比べると、普通の夫婦の性生活のような感じに
変わってきていますし、妻が以前に比べると性的な事に積極的になったと
思います。

ただ、妻が射精管理をして、妻の主導でしか性生活を行わないという他は・・・

妻は、「これからは誰の為とかではなく、自分がしたい時に、したいように
するだけ」「SEXしたい時はSEXするし、舐めさせるだけの時は舐めさせる
だけだし、気が向かなければいつまでも射精もさせないし」と言ってます。

週末からは、新しい射精管理がはじまってから、はじめて貞操帯を装着します。

また報告します。





[ 2014/09/18 16:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻の日常を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。