FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

ある日の事2

ベッドに下向きの方向に鼻フックされた顔を向けて後手縛りのまま
うつ伏せに寝かされた妻。

脚はまっ直ぐにディルドを挿入されたまま伸ばし、5メートル先で
椅子に貞操具を付けられ縛られたままの私と視線が合います。

Tさんはまっ直ぐに伸びた妻の左右の脚を、ディルドが抜けないように
太もも、膝上、膝下、足首の順に縛っていきます。
妻の身体は一直線の棒のようになり、苦しそうに私の方を虚ろに見ています。

ベッドの妻の側に腰かけたTさんは、うつ伏せに寝かされた妻の
お尻を、最初は撫でる様に、徐々に力を込めて打ち、その度に
妻の声は大きくなり、凄く感じてくる様が、凝視している私の視線に入り
お尻をスパンキングされている音と相まって、ひしひしと伝わってきます。

30回くらい打たれ、打つ手を止めたTさんは、今度はゆっくりと優しく
赤くなったお尻を撫ぜはじめ、妻の口からは先ほどとは違った快感の声が
漏れます。

ビンタにしてもお尻へのスパンキングにしても、Tさんの身体の一部である
Tさん自身の手で打たれるのも、妻にしてみれば嬉しいのだと思います。
もっとハードなMの人は、鞭とか使われた方が嬉しいのだと思いますが
元々、苦痛系の苦手な妻にしてみれば、温度のあるTさんの「手」という事で
余計に感じるのかも知れません。

お尻へのスパンキングが終わると、Tさんは赤い低温蝋燭に火をつけて
妻の顔の前に持っていきます。
細身の妻は、蝋燭が最も苦手の責めのひとつです。
鼻フックされたままの顔を左右に振って「蝋燭は許して下さい」といやいやをします。

その光景を縛られたまま私は、心配な気持ちで見ています。
苦手な事で妻が拒否したりしてTさんの気分を害してしまい、空気が悪くならないか、
実際苦手なので、低温蝋燭とはいえ妻がかわいそう、とか・・・・・

そんな心配をよそに、Tさんは先ほどまでスパンキングされて赤く熱を持ったお尻に
気を使ってか、最初は高い位置から蝋を1滴垂らしました。
妻の口から「うっ」という声が漏れますが、高くから垂らしてもらえたからか
そんな苦痛の表情ではありません。

何滴かはその高さから垂らされ、低温とはいえ苦手な妻の鼻フックされた顔が歪みます。

「こんな高さからだと熱くないでしょ?」とTさんが言うも「熱いです、許してください」と
泣きそうな声で許しを請うしますが、Tさんの蝋燭の高さは少しずつ妻のお尻に
近づいて、垂らされる度に妻の「うっ、うっ、」という声は大きくなります。

蝋燭の蝋で埋まって赤くなった妻のお尻の距離が数センチになった頃には、
妻の意識は半分なくなっていて、あまり声も出なくなりました。

でも妻はTさんの優しい蝋燭責めに感じていたみたいで、半分意識がなくなったのも
苦手な蝋燭の怖さと、はじめて蝋燭で快感を得た事の両方でそうなったみたいです。

お尻を覆った蝋を塊で剥がしたTさんは、また妻のお尻を撫ぜながら、たまに先の
スパンキングと蝋で赤くなった個所を打つと、その度に妻の喘ぎ声が大きくなりました。

妻の下半身の縄は解かれ、挿入されていたディルドが抜かれました。
当然の事のように、妻のあの部分から抜かれたディルドはヌルヌルに濡れていました。
妻の身体からも抜かれると同時に、液が伝って出ました。
よっぽど感じてたのだと思います。

強い嫉妬心を感じます。

抜かれたディルドは、鼻フックされて少し開いている妻の口にねじ込まれます。
ディルドを咥えたまま、後手縛りも解かれ、私の方を向いたままベッドの上で
四つん這いになるように命令され、素直に従います。

自分の妻が全裸に赤い首輪、厳しい鼻フック、口にはディルドを咥えさせられまま
椅子に縛られた自分の方を向いて四つん這いにされている姿は、表現のしようが
ありません。色々な想いが混ざった複雑な気持ちです。

しかも普段は私の前ではSの立場であり、世間的には清楚で美人の奥さんと
思われている妻が、先ほどまで入れられていたディルドを抜かれ、ぱっくり
開いた毛のない割れ目とアナルを他の男に見られながら・・・・・

四つん這いの妻の後ろからTさんは割れ目を指で責めます。
すでに濡れ濡れの妻は、シティーホテルなので声を押し殺しますが、大きな
快感の声が咥えさせられたディルドの隙間から漏れます。

四つん這いで顔をベッドにつけて、お尻を高く上げて自分の両手で○ビアを
開くようにように命じられ、その態勢のままTさんは自分の指2本を縦にして
穴に出し入れします。

妻の声は抑えようがなく、益々大きくなります。「いい、いい、気持ちいい・・」と
ディルドの中で言っています。まるで私の存在など無いかのように。

いきそうになると手は止められ、少しおさまったらまた出し入れされの寸止めを
何回も繰り返され、妻は気がおかしくなりそうに頭を振ります。

寸止めのまま手を止めると、Tさんは妻の顔の前の床にズボンと下着を脱ぎ立ち
この日はじめてTさんのペ○○を見る事ができた妻の瞳は潤んでいます。

口からディルドが抜かれ、四つん這いで鼻フックされたままTさんのモノへの
ご奉仕をはじめました。

私からはTさんの背中しか見えませんので、妻の表情とかは見えませんが
明らかに妻は待ちに待ったTさんのモノにご奉仕させてもらえる喜びに
震えているのは手に取るように分かります。

あの妻がよくここまでになってくれたという喜びと、これほどまでに他の男性に
気持ちを入れ込んだ事ははじめてという大きな嫉妬心と・・・・

この日、この後は少しセクシャルな感じの寝取られへとTさんに導かれます。


つづく



[ 2016/01/24 10:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ある日の事1

旅先で、いやその事が目的で行った某都市のシティーホテルの一室で
私は全裸でCB6000Sという貞操具だけの姿で両手は後手に椅子の背もたれに
両足は椅子の左右の脚に開いて、妻たちが居るところから5メートルくらい
離れたところで、妻たちの行為を見せつけられるように縛られていました。

小柄で色白の妻は、全裸に赤い首輪だけの姿でTさんの足下の床の絨毯に
土下座スタイルで頭をつけて、「本日はご調教を宜しくお願いいたします。」と
芝居じみた台詞ではなく、気持ちを込めてこれから行われる事のお願いをしました。

Tさんは妻の首輪に付けられたチェーンを引っ張り妻の顔をもたげます。
膝立ちになった妻の両手を後ろ手に取って縛り、余った麻縄を小さな胸の上下に
回し後手に縛った縄のところで留めます。

細身の妻の身体には1本の麻縄で十分事足りるみたいです。

その状態で、妻の顔はTさんの胸のあたりにあり、Tさんは少し前かがみになって
妻の顔をじっと見、二人の目が合った時、右の掌で妻の左ほほを撫ぜる様に
3~4回ビンタし、それを受ける妻は虚ろな瞳になり、そのビンタは少しずつ
強くなるも、世間体もあるので少し紅潮するくらい赤くはなるが腫れたり痕が
残ったりしない程度のうまい力加減で打たれ、妻はそのSMの本質的な責めに
入り込み翻弄され、今ではTさんの言うほとんどの事に従うようになりました。

私の前ではSをやってくれている妻ですが、元来はM質な妻が、はじめて
本質としてのS気質を持ったTさんに出会い、妻本来のM質が開花し、このような
私を含めた調教の場でも、Tさんに言われると二つ返事でOKをしてしまう
妻になりました。と言うかそのような女に調教されました。

TさんはSEXとか挿入に拘らず、責めとしてのSEXはありますが、
SEX自体で快感を得ようとか、与えようとかの考えはなく、あくまで調教の一環
としてのSEXしかありません。

そのSEXには情は入っていないように思います。

ただ、妻にしてみれば、そのTさんの生身のモノをいただける事は、極上の
ご褒美であり、それをいただく為に、Tさんの理不尽な要求にも応えるようになり
Tさんの前ではあの妻がと信じがたいですが、淫乱なM奴隷に堕ちました。

Tさんに可愛がっていただくために、私の事なんかは二の次です。

直接、私も参加させていただける時はまだいい方で、自宅で貞操具を付けて
待たされている時もあれば、そのまま宿泊で帰って来ない時もあります。

自分がずっと望んでいた、SMありきの寝取られとは言え、辛い時も多々あります。
しかしそれ以上の興奮の方が大きいです。


Tさんの前で膝立ちで後手に縛られ、軽いビンタをされて顔を紅潮させている妻の
両方の鼻腔に鼻フックの湾曲した部分が入れられて頭頂部に沿って首の後ろまで
鼻フックの紐の部分を引っ張られた状態で首輪の後で固定されます。

妻の鼻は上を向き、上唇もそれにつられて少し捲れ上がり上の歯茎が少し見え
醜くなったはずの妻の顔ですが、私にしてみれば余計に艶っぽく感じ、それを
5メートル先から縛られた状態で見ているだけで、重いはずの貞操具が少し上を
向くほどに狭い中で勃起しています。
勿論、先走り汁を流しながら。

妻の少し開いた口に、ディルドが差し込まれます。
言葉を発する事も出来ず、時間が経つと涎が顎を伝ってこぼれ落ちます。
SEXを焦る、または直接の快感を得ようとする男性なら、ここで自分のモノを
突っ込むのでしょうが、元来のS気質のTさんは、それをしません。

上下に縄がかけられた小さな胸の尖の大き目の乳首には、両端がチェーンで
繋がれた金属製のクリップが左右に乳首に付けられ調節ネジでしめられます。
乳首が敏感な妻の口からは、苦痛とも快感ともとれる声が漏れます。

Tさんは言葉も発せずしばらくじっとその姿を見つめ、妻はその視線に悶えて
4~5分経つとTさんの指は妻の下の局部に触れたあと、その指を二人の
視線の先に持ってくると「すごく濡れてるね」と、今日初めての言葉を発しました。

その言葉に妻は益々興奮し、膝立ちの太ももには毛のない局部からの
液体が伝っていました。

これだけの事でこれだけ濡らす事は、今までは決してなかった事です。
それだけ調教中だけでなく、妻はTさん自身に心酔しきっているだと思います。
普段のTさんも、立場のある紳士的なS男性で、人としても素敵な方ですの、
その気持ちも分かりますが、それだけ嫉妬心も大きくなります。

観賞が終わった後、口に突っ込まれていたディルドを取り出し、
「唾液で濡れているから簡単に入るよね?」と言いながら妻は股を開かれ、
口から取り出したディルドを○ま○○に挿入されました。

その瞬間、妻の「うっ」という声が漏れました。
ディルドも妻のあの部分も十分に濡れていましたので、簡単に入りました。
妻の興奮度合いは益々大きくなります。

椅子に腰掛けたTさんの前で、膝立ちで後手に縛られ鼻が天井を向くほどの
厳しい鼻フックと、チェーンの重みで乳首が下を向いた乳首クリップ、
あの部分には先ほどまで口の中にあったディルドを入れられて、先ほど
されたビンタで頬を赤くして小さく呻いている妻。

その態勢でTさんは乳首クリップに繋がれたチェーンを自分の方に引っ張り
妻の体を引き寄せて、チェーンを引っ張りながら、逃げる事もできない、
身体を動かすと乳首に激痛が走るという状態で、さっきより強めの力で妻の
頬を打ちます。

妻の頭の中は混乱しているのか、言葉にならない声を上げて苦痛と快感に悶えています。
それを見てさらに私は興奮します。
私の貞操具の中の小さなモノは、その器具の中いっぱいに膨れ上がりますが
射精する事は勿論、触る事もできません。

ビンタが終わると、チェーンを更に強い力で引っ張られ、乳首からクリップがはずれ
妻は「ぎゃー」という悲鳴とともに脱力したようにうなだれます。
クリップがはずれて形が歪んでしまった乳首をTさんは、自分の指でゆっくり抓ります。
徐々に力を強くしているようで、妻の意識は半分飛んでいるようです。

つまんだ左右の乳首を床の方に引っ張られ、後手縛りのままで強制的に土下座の
態勢に戻され、床につけた頭をTさんは靴を履いたまま踏みつけ、椅子に縛られた
私に向かって「どうですかご主人。奥さんが全裸で縛られて他の男に靴のまま
頭を踏まれているの見られて?」と少し笑みを浮かべながら聞いてきました。

とても興奮してしてる私でしたが、突然聞かれてすぐに答えられなかったからか
「感謝の気持ちが感じられませんね」と更に強く妻の頭を踏みます。
妻は苦痛なのか、いやたぶん興奮が最高潮に達しているのでしょうか、
ディルドを突っ込まれたまま頭を靴で踏まれるという状況に「いきます、いきます」と
小さな声を出していました。

あの清楚な妻のこんな姿は信じられません。自分が望んだ事といえ。

「こんなのでいってどうする?まだまだ挨拶程度だろ」と妻は叱られます。

先ほど妻の乳首からはずしたクリップをTさんは今度は私の乳首に付けます。
私は男ですが、乳首はとても感じやすくなっていますので痛みはあるものの
妻に比べると大丈夫だと思った瞬間チェーンを強く引っ張られ乳首のクリップは
勢いよくはずれます。
やられた事がある人はおわかりだと思いますが、クリップははずす時が一番痛いです。

Tさんは妻に、ディルドを落とさないうようにベッドまで行ってうつ伏せに
なるよう命じます。
妻は落とさないようにぎこちない足取りで、後手に縛られて鼻フックされまま
ベッドまで移動し、うつ伏せに寝ます。


つづく



















[ 2016/01/20 16:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

赤の下着3

汚してしまった赤の下着を脱がされると、だらしなく垂れている
先走り汁を指に絡め取ると、私の口元に指を近づけ
「自分で出したものよ、舐めなさい」と冷たく言われました。

妻の体から出たモノは全て口にできる私ですが、
自分の体から出たモノは苦手ですの少し躊躇していると、
閉じていた口をこじ開け、口に中に指を突っ込まれました。

なんとも言えない味がします。

射精後の精子も、まだまともに飲んだ事がないのですが
前に躊躇していると「普通にSEXしていた以前は私にも
飲ませたくせに」と少し笑いながら言ってました。

指を口から抜くと仰向けに寝かされ、次は妻のモノも私の
モノも生での顔面騎乗が始まり、前よりもさらに強い生での
顔面騎乗の快感と呼吸制御を与えられながら、ペニス側を
向いている妻が手でペニスを弄び始めます。

何度もいきそうになると「私が満足していないのに、ダメに
決まっているでしょ」と少し呼吸を乱しながら手コキを続けます。

いきそうになると手を止められ、まだ収まると始まるを何度も
繰り返され、顔からお尻を離すと方向を変えて、騎乗位で挿入
されました。
妻が騎乗位をする事はあまりなく、さっきまでの手コキでいきそうに
なっているところに、騎乗位での挿入でほんの数分ももたなうちに
私だけ?いってしまいました。

すると妻はいつもみたいに微笑みながら「飲む?」と聞くまでもなく
射精したばかりのまま、もう一度顔面騎乗をしてきましたので
必然的に半ば強制的に自分の体から出た精子を飲まされました。

大量の精子をちゃんと飲むのは初めてみたいなモノでしたので
味は元より、あの清楚な妻が強制的にここまでやってくれた事に
興奮し、全て受け止めて飲み込み、さらにまだ完全にいってなかった?
妻のあの部分を夢中に舐めました。

しばらくすると妻も完全にいったみたいで、赤の下着一枚がここまで
雰囲気を作ってくれるのだと、それを与えてくれた妻に感謝です。

まだまだセクシャルな夫婦関係ですが、徐々にDS関係を築いて
いけたらと思いますし、以前途中までいってたような、妻を他人に
寝取られて、その相手がご主人様で、妻はその方の奴隷であって
私にはSであるような、私が最下等な立場というような、きちんとした
縦の関係という望みを捨てた訳ではないですので、このブログを見られ
ている方で、そういう関係に興味をお持ちの普段は優しいSの紳士で、
その関係になると、上のような方はいらっしゃらいでしょうか?

私は同性愛者ではありませんが、このような関係には性別は関係ないと
思っています。
男性の方にも信頼できる方には、従順になれますし、男性器の奉仕する
事も可能ですので使い勝手はいいと思います。
ただ、実社会では完全にSですが・・・

胸は小さく乳首は大きめですが、色が白く形は綺麗です。
年齢もそれなりにいってますしスレンダーですので、若い豊満好きの方には
無理か知れませんね。
[ 2015/01/20 16:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

赤の下着2

そのまま私は床に仰向けに寝かされ、妻は
傍にあるソファーに腰掛けます。

どこで用意したのかケイン様の細長い棒で
ソファーの上から見下ろすように私の体を軽く
叩いたり、乳首を左右交互に強くねじあげたり
赤の下着の中で完全勃起しているぺ○スを
擦ったり叩いたりを、靴下を履いたままの足で
私の顔を踏みながらしていただきます。

部屋着の下と靴下を脱ぎ、妻の赤の下着姿が
見えたかと思うと、瞬時に赤の下着のまま
私の顔に跨り顔面騎乗をしていただき、数十秒
そのままで呼吸を制御され、このまま死んでも
かまわないと頭の中が真っ白になると、お尻を
上げて、ほんの数秒だけ呼吸が許されたかと
思うと、またすぐに鼻と口を上に赤の下着越しの
妻の局部とお尻で全体重がかけられ、また
呼吸制御されます。

顔面騎乗のまま先ほどの棒を使って身体の
あちこちを責められます。
すると私の赤の紐パンの横から固く勃起した
モノがはみ出て「だらしないね。誰が出していい
と言ったの?」と棒で元の位置に戻されます。

すでに私のモノの尖からは、先走り汁が溢れ出し
妻の用意していただいた赤の下着を汚してしまって
います。
[ 2014/12/12 17:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

赤の下着

前回の記事以降、約2週間射精を禁止されては、
妻が普通の服装のまま私は全裸で、マッサージから
始まり、そのうち妻が下着を脱ぎ、本を読みながらとか
テレビを観ながらご奉仕を長時間させていただき
(週末は貞操帯をつけたままですので、中で大きく
なり厳しいです)妻が気持ち良くなればそのまま妻に
挿入許される事もあれば、奉仕しながら自分の手で
みじめにいかされるというようなセクシャルな調教が
数回行われました。

「2週間くらい全然大丈夫でしょ!」と妻は言いますが
以前はほぼ毎日オナニーしていた私にとっては
2週間は本当に長いです。

また2週間くらい禁止されていた珍しく平日の昼間に、
「下だけ脱いで」と言われ、部屋着の下とパンツを
脱いで妻の前に頭を下げながら行くと、「前に女性用
下着をつけたいと言っていたでしょ」と、どこで用意
してくれたのか、赤の紐パン?みたいなのを見せられて
「これつけたあげるね」と言って、すでに大きくなっている
ペニスの上から履かせて頂きました。

それだけで興奮が収まらない私に「はみ出てるから
みっともない。小さくしなさい」と命令されましたが
余計に収まりません。

「今日は1日そのままでいなさい」と夜にご調教をいただけた
のですが、それまでにスーパーへの買い物やランチ等も
そのまま行かさせていただき、赤の下着のクロッチの
部分はすでに先走りで汚してしまっています。

家に帰るとまだ明るい時間帯に全裸され、妻がめずらしく
その「恥ずかしい姿を写真に撮ってやるわ。あなたの
携帯持ておいで。待ち受け画面にでもしたら。」写真を
撮ってくれました。

この時は、下の毛の処理とかが中途半端な時期でしたので
可愛い下着の横からはみ出た毛と、中年M男のみっともない
身体が写っている画像は何とも言えない惨めさを感じます。










[ 2014/12/08 13:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム