FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

再び夫婦の寝室で 3

Kさん

いつもコメントありがとうございます。

励みになります。


Tさんのモノを二人の女奴隷は競うように一生懸命奉仕し、

長い間絶頂を迎えさせてもらっていない分、

余計に気持ちがこもっているようです。


2人の奴隷に奉仕をやめるように指示すると、

次は、私が縛られて転がされている側の

ベッドの端の方に二人並んで四つん這いで、顔はベッドにつけ

お尻は高く上げるような形で(指示無くても四つん這いは

これと二人は躾けられてるのだと思います)

妻の右足と希さんの左足が縛られ、二人の奴隷の四つん這いが

一体になったような形でTさんの責めを待ちます。


ベッドの下に降りて奴隷側に立ったTさんの

先ほどまで奴隷二人の奉仕で完全勃起している大きなモノは

ちょうど奴隷たちのお尻側の二つの穴(正確には4つ)

あたりの高さになり、これから何が行われるか

想像する事は簡単でした。


しかも私が転がされてる側ですので、Tさんの背中が

私の頭の上くらいで、二人の奴隷たちの局部も間近に見えます。


まずTさんは、すでに濡れている二人の奴隷の局部を

左手の人差し指で妻のを、右手の人差し指で希さんのを

触り始めると、二人の奴隷は一斉に喘ぎ声をあげて

2人の声がハーモニーのようになり、私も興奮が大きくなります。


さすがにTさんも興奮してきたのか、まずは妻の真後ろにきて

大きくなったモノをすでに濡れてぱっくり開いている

妻のオ〇〇コに何の抵抗感もなくすっと入れました。


長い間、Tさんのモノをもらえていなかった(と言いますか

性器への挿入もなし)妻は大きな喘ぎ声を出し、

しばらくTさんのモノが妻の中で動かされると、妻の口からは

「あ~~~気持ちいいです・・もっと下さい、もっと下さい・・」

と、妻にしては珍しく卑猥な言葉とともに乱れ、

それを足で結ばれ、横で四つん這いで聞いている希さんは

羨ましそうに、私も欲しいと言わんばかりに、体を少しよじって

耐えていました。


長い間、逝かせてもらっていない妻はほんの5分も経たないうちに

「逝きます、逝きます、逝っていいですか・・・・」と

絶頂を迎えようとした直前でTさんの濡れそぼったモノは

妻の体から抜かれ、妻は腰が砕けそうになっていました。


妻の中で、Tさんと妻の液で被われた大きいままの

Tさんのペ〇スは、次は当然の事のように、希さんの後ろに

立ったと思うと、すぐに待ちに待っていた希さんのオ〇〇コに、

妻の時と同じように

何の抵抗感もないような感じですっと入れられました。


さっきの妻より大きな「あ~~~~~」と喘ぎ声をあげると、

「ください、もっとください・・・いいです、いいです、

お願いします~~~」と長く逝く事を禁じられていた希さんは、

気が狂わんばかりにお尻を振っていましたが、

「誰が動いていいと言った」とTさんのモノを入れたままのお尻を

平手で何度か叩かれていましたが、希さんにとっては、

それが余計にM性を増長させたのか、長く焦らされたからか、

失神しそうな勢いでした。


妻と比べて独身の希さんは、よりTさんの彼女感が強いのだと思います。

なので余計に普通の性行為の時(世間から見れば普通じゃないですが)は、

SM的な行為より余計に感じるのかも知れません。

彼に抱かれてる感が強いかも知れません。

それに引き換え、私の趣味で寝取られ調教でM性を引き出された

妻にとっては、寝取られという少し変態的な行為により感じるのかも

知れませんね。


希さんがすぐに

「逝きます・・・逝っていいですか・・・」と言い、絶頂に達する寸前に

妻の時と同じようにTさんのモノは希さんの中から抜かれました。

と同時に希さんの体はガクガクと崩れそうになりますが

足と足で妻と縛られているので、崩れる事も出来ずに、顔を見ると

泣き顔になっていました。

縛られているだけでなく、そもそもTさんの許しなく、崩れると

もう可愛がってもらえない事は躾けられていると思いますので、

どちらにしても自分の意志でも踏みとどまっているのだと思います。


希さんの中から抜かれた、今度はTさん、妻、希さん、の液が

混ざったまだ大きいままのペニスを、ベッドの上に上がり

まずは妻の前に膝立ちになると、ぺ〇スは四つん這いの妻の顔の前に

屹ているので、すかさず妻は口に入れて奉仕を始めました。

今度は、真横で妻がTさんのモノに必死でしゃぶりついてるを

見ている希さんは、さっきよりより険しい表情でその姿を

嫉妬心丸出しで見ていました。


あの清楚でいつも冷静な大人な感じの希さんが、こんなに

乱れてしまうのだと、Tさんの調教はどれだけ効果があるのか

思い知らされました。


妻の奉仕が終わり、私の順番だと嬉しそうにしていた希さん

でしたが、Tさんは希さんの前には行かずに、また

ベッドから降りて、妻の後ろに回って、まだ今、妻に口奉仕

させていたぺ〇スを今度はアナルにゆっくりと入れると

妻の口からはさっきと違った悲鳴なような低い声で

「ぐう~~~~」という声が漏れ、まるで動物の鳴き声の

ようでした。


本当にTさんはサディストだと思いました。

今朝からずっとターゲットを希さんに絞っているような感じで、

たぶん今まで甘い感じの調教が多かった希さんを

もうひとつ上の段階に持っていこうとしているように

徹底的に希さんに辛い思いをさせながら、調教している

ように感じました。


日ごろから会えない時も排泄管理を含むアナル拡張の

調教を受けている妻ですが、やはり年代的にアナルには

抵抗感が強いのか、先ほどまでとは、辛さが少し

大きいのかも知れません。

ベッドシーツを手で握りしめながらTさんのアナルへの責めを

受けていました。

当然、辛いだけでなく、背徳感が遠のいていくと

オ〇〇コ以上に感じている妻でした。

ただ、アナルだけでは逝けない妻にしてみれば、逝けない

苦しみは余計に強かったと思います。


ただ、アナルにでも入れてもらえる妻はまだましですが

口奉仕もさせてもらえないで横で妻がTさんのペ〇スを

自分の体の中に入れてもらっているのを感じている

希さんは、もっと辛かったと思います。









[ 2018/12/07 17:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/12/13 02:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム