FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

夫婦の寝室での調教 ~食事前まで

私の口からご自分のモノをを抜いたTさんは、
背中合わせに縛られている二人の奴隷の
口を猿轡のように縛っていた縄だけを解いて
先ずは妻の口の中へ入れました。

まだ鼻フックや乳首クリップなどを付けられたままの
恥ずかしい姿の口の中に大きくて太いぺ〇スが
入っている光景は、”卑猥”という言葉そのものでした。

それを背中越しで顔の向きも変えられない状態で
拘束されたまま感じている希さんは、嫉妬心からか
目から涙が少し滲んでいました。

希さんはまだ若くて独身。

私たち夫婦とTさんの関係とは少し違い、Tさんの奴隷で
あると同時に、希さんの中では、まだ少しは”恋人”?
”彼女”?という感情があるのでしょうか、見ていて
少しかわいそうな気もしましたが、S性の強いTさんの
事ですから、これから先、更に厳しく調教と躾けをされ
完全に性奴隷としてTさんの側に居ることになるのは
手に取る様にわかるので、希さんもそれを望んでいる
でしょうが、こんなに若い時からこの道に入るのは
なんとなく複雑な気持ちにもなりましたが、
羨ましくも思いました。

こんな状況なのに、感傷に浸ってしまいました。

しばらくすると、妻の口から嗚咽するような息が漏れ
Tさんの白濁液で妻の口内はいっぱいになり、
妻はそれを嬉しそうに呑み込み(私の精子は呑んだ
事もなく、それだけは拒否していた妻ですが、Tさんのは
調教が進んでからは喜んで呑むようになりました)
Tさんはご自分のペ〇スに残っている精子を、
私に「ご主人、そうじして下さい」と私の顔の前につき出し
それを私は、自分も射精させていただきたい一心で
夢中で口の中に含み、舌で舐め取りキレイにさせて
いただきました。

結局、Tさんだけ射精でいくことになり、それを妻が口で受けて
私はおそうじフェラをさせていただきましたが、希さんは
直接、体に触れてさえもらえず、妻がTさんのモノをご奉仕
させて頂いていた時より、悲しそうな顔をしていました。

3人の奴隷は、誰一人いく事を許されず、たぶん悶々と
していたと思いますが、特に今回は希さんが一番、
調教のターゲットにされていたと感じました。
嫉妬心を煽られ、辛い精神的な責めで。

3人の奴隷の縄やクリップ、鼻フック等が解かれ、
私には貞操帯が再装着され、妻と希さんには、金属製の
輪っかの大きさを指で簡単に調整できるニップルリングを
両乳首にきつく嵌められ、Tさんは妻だけを連れて
バスルームに行き、私と希さんはバスルームのドアの前で
正座して二人が出て来るのをバスタオルを持って
待つように言われました。

バスルームの中から妻の喘ぎ声がしますが、何をされて
いるのか分からず、横で正座している希さんを見ると
また目から涙がほおをつたわり綺麗な胸の上に落ちて
いくのを見ていると、私も同じ立場にあるので、
気持ちは痛いほどわかりますが、それは私の比では
ないのだという事もわかりました。

Tさんは本当にS性が強い人です。








[ 2018/10/23 13:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム