FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

3日目(サイズ修正)

この日は特別変わった事もなく過ぎました。

ただ、やはり射精やペニスに触りたい願望は大きくなるばかりで
その決定権を全て持っている妻が前以上に愛おしくなり、必然的に
優しくなれます。
でも妻はずっと甘えているとか、寄り添って来られるとか、弱い感じ
の男は好きじゃないので、そんな気持は心の中にいっぱいあっても
普段はクールを装って毅然とした態度でいるようにしています。が
長期間射精させてもらえない状態になったら、きっと泣きながら射精
を懇願する日が来るのかも知れません。
オトコのプライドも恥も何もかも捨てて。

本当に愛する人による射精管理というのは女性にとっては優位に立てて
かつお互いの愛情が深まるもののように思います。

この日はサイズが少しキツイ部分があったので、サイズ交換をお願い
しました。
「またまた・・ただ外して欲しいだけじゃないの?」と意地悪っぽく
言われましたが、その言い方とかにまたぞくっとしてしまいました。

結局、風呂場で自分では触れられないように後手に手錠をかけられて
妻がどこからか鍵を持って来て外して、貞操帯と私の下半身まわりを
ついでとばかりにボディーソープで洗ってくれて、サイズを一回り大き
なものに変えて再装着されました。
妻はそのまま入浴し、先にお風呂から出てまた鍵をどこかに持って
行ってしまいました。

キレイな裸体を見せつけられて、その身体や自分のペニスにも触る事
が出来ずに、しかも泡立てられてペニスを洗ってもらったら、余計に
辛くなりました。

でも尿で多少は汚れている貞操帯を全く嫌がりもせずに洗ってくれた
妻には愛情を感じますし感謝です。


[ 2007/03/19 14:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム