FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの装着 2


1時間後、ボールギャグと貞操帯が外されました。

今回は短い時間とはいえ、貞操帯を外してもらった
解放感は何とも言えない感覚で、勿論うれしい気持ちも
大きいですが、ずっと外されないままにして欲しいという
気持ちもあり、自分の変態度合いが虚しくなります。

アイマスクはそのままですので、直接見る事が出来ませんが
妻が私の顔の上に近づく気配がします。
するとさっき「よく見ておくのよ」と言われた赤のTバック
のクロッチ部分が私の口を覆い、下着を着けたままの
顔面騎乗をしていただけたのが分かりました。

下着越しとはいえ、M男性なら嫌な人はいない?顔面騎乗に
興奮が増します。
見えないですが、さっき見た光景を思い出しながら、貞操帯
から解放されたペニスは最大限に大きく固くなります。

自分で言うのもおこがましいですが、高年齢の割には小さ目
ですが私のモノの勃起力と固さは結構なものだと勝手に
思っていますので、本当に普段は爽やかな感じですが(汗)
性(SM)に関しては、淫乱だと思います。

その固く勃起したモノに妻はすかさずコンドームを被せます。
下着越しの顔面騎乗をしたまま。
普段、うちの性生活にはあまりコンドームを使う事はなく
バイブやディルドに使う事はあっても、直接ペニスに被せる事は
あまりなく、久しぶりに新鮮な感じがしました。

しばらくすると顔から妻のあの部分が感じなくなったと思った途端
下着を脱いだ生のその部分が私の口と鼻を塞ぎ、妻の体重の
ほとんどが私の顔に圧し掛かりました。

数十秒はそのまま圧迫され、私が縛られた足をバタつかせると
少しだけ息ができるようにあの部分をずらして数秒離してもらえたと
思ったら、またすぐに口と鼻は塞がれます。ほぼ全体重をかけて。

そんな状態を数回繰り返され(時間にしたら30分くらい)呼吸を制御
されたまま、勃起したモノを叩かれたり、手でしごかれたり、玉を
握られたりすると、よく首を絞められながらSEXすると感度が増すと
いう女性がいますが、その気持ちが分かると言うか、何にもまして興奮
と快感が高まりますし、まして窒息寸前の呼吸制御方法が、妻のあの
部分での呼吸制御ですので、これ以上の絶頂方法はないと思います。

顔面騎乗で気持ちよくなったのか、妻は声に出しているつもりは無いのか?
小さな声で「気持ちいい・・・」とか、はっきり命令口調で「まだいっては
ダメよ!」と耳栓をはずしてもらった私にははっきり聞き取れ、普段は
上品な妻のそんな声を聞いていると、妻も感じてくれているんだと、
益々興奮が増し、コンドームの中に大量の射精をしてしまいました。

当然、まだお許しが出ていない状況での射精でしたので、「まだいっては
ダメと言ったでしょ」と顔の上に跨ったまま言われ、コンドームを外したかと
思うと私の顔の前に持ってきて「罰として飲みなさい」と静かに言われましたが
結局、今回も許しをこうて、どうにか許してもらえましたが、次回からは、
飲む事を前提にしか射精させない!と断言されました。

特に今回は、妻の体の中に出したモノを直接飲まされるのならまだしも
妻の体液に全く触れていないコンドームの中の自分の精液だけを
飲むと言うのは、射精直後には難しかったです。
これもやはり夫婦間でのSMなので、甘えがあるのも分かっています。
ただ、これからは妻も二人の間でやっていく決意をしてくれたので
それに応えるようにしないといけないと強く思いました。

今まで妻は、精飲に関してはあまり拘りを持っていない感じでしたが
射精=飲む と断言するには、しばらくは2人だけでSMをするという事の
決意みたいなものを感じました。
第三者が加わった時は、どちらかというと妻は第三者に対してはMの要素が
大きかったからかも知れません。
と言うか、私たちは元々二人ともMの方が強いのだと思います。

以前よりもSMの要素が少なくなって?どちらかと言うとセクシャルに向いて
いるようにも思い、元来のSM質の私には少し物足りない?ような気がしますが
高齢の夫婦間でこれだけの事をしてくれる妻には、本当に感謝しています。


[ 2014/10/21 12:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻の日常を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。