FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

排泄管理

Tさんの妻への排泄管理は厳しいみたいです。
妻からその管理が一番辛いというような事を耳にした事があります。

SMの世界だけにかかわらず、人を支配する時に排泄管理を
されると人は従順になるというのを聞いた事があります。
SMの世界は、性的管理と排泄管理(しない人もいますが)を
両方行う事により、より従順な奴隷になるというのも聞いたことがあります。

妻の場合、前回も書きましたが、Tさんがいない時に自分で浣腸
させられて時間を決められ排泄が許される時や、Tさんの前で
Tさんの手で浣腸されて、Tさんの前で排泄させられる場合もあるみたいですが、
それも辛い調教のひとつみたいですが、もっと辛いのが、浣腸をしないで
自然排便をさせられる排泄管理みたいで、勿論、Tさんの目の前での
自然排便や、離れていても妻が小大便の便意を感じた時は必ず
Tさんにメールをして、小にしても大にしてもお許しをいただかないと
排便をしてはいけないと躾けられているようで、当然、すぐに返事が
ある場合はまだしも、Tさんが仕事等で手が離せない時はTさんの
返事があるまで排便できず、我慢ができない時は、下着の中に大小便とも
しなくてはいけないみたいです。

自然排便は便意を感じていないと時は、恥ずかし格好できばって、
肛門を開き、それでもいくらきばっても中々出ない時もあるでしょうし
浣腸のように強制的に排便させられる容易に出る便でなく、
自分で出す便は、リアリティーがあって余計に羞恥と苦痛を感じると
はずだと思います。

排泄管理は本当に辛いみたいです。
さらに、下着の中に排泄するだけなら本当にしたかどうが証拠がないので
下着の中に便を出した時は、必ず写真を撮って送るという決まりまで
あるみたいで、今まで何度かそういう事になってしまった事もあるので
妻は外出する時は必ず着替えの下着を持って行くみたいです。

私の前では妻の威厳を失わないように、そういう妻への調教はありませんが
私がいないところでは、相当厳しく調教されているみたいで、
普段は上品で知的な妻がそのような排泄管理をされている事が私には
(妻を知っている周りの人たちも)信じられませんが、そんな話を聞いて
とても興奮している変態のM夫です。

でも最下層の私には排泄管理はされないのは、こういう調教は男性より
女性の方が効果があるとTさんは思われているのでしょうか・・・
ただTさんにはスカトロ系の趣向はないみたいで、排泄したものを使って
どうかするとかは無いみたいですので、その点は妻もほっとしているかも
知れません。

性管理は勿論、排泄管理までされている妻はこの先、どうなっていくのでしょうか。



[ 2017/10/30 15:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

近況2

1日の終わりの寝室では、ベッドで下半身だけ脱いで足を
少し開き気味でまっすぐ伸ばし、枕を二つ重ねて背もたれにし、
本を読んだりTさんとメールのやり取りや電話をしながら
私は全裸に貞操帯だけの姿で、妻の少し開いた股の間に頭を
突っ込み、妻が「もういいよ」と言うまで舐め奉仕をさせて頂きます。

特に妻が好きな読書をしながら、ゆっくりと優しく長時間
舐め奉仕をさせていただける時は、貞操帯の中は私に小さな
モノが痛いくらい勃起しているとは言え、至福の時です。
まったりとした空気感の中、読書に没頭しながらも、たまに
妻に口から洩れる小さな呻き声を聞くと、もうたまりません。

「もういいよ」の合図は、その日によって異なり、妻が満足して
合図が出る場合もありますし、眠くなって終わる場合もありますし
その日によって異なります。

Tさんと出会う前の一時、貞操帯をされていなかった時は、
二人だけの間の事だったので、妻の気分が盛り上がれば、たまに
SEXさせてもらえる事もありましたが、今は普段は妻が指導権を
握っていて、いつでも舐めさせる事はできても、SEXするとか
どんな形にせよ、私の射精をさせるとかは、すべてTさんの
お許しがなければ出来ません。

特にTさんと電話やメールしながらの時は、色々と指示を出され
ながらになりますので、妻の局部を舐めているのは私ですが
二人ともTさんに調教されているような感じで事が進みます。

私を縛って目隠しをして妻は、オ〇〇コにバイブを入れて
オナニーさせられたり、私を椅子に縛って乳首にクリップをつけて
貞操帯を外し、何度も何度も寸止めをされて、逝かせてもらえない
まま貞操帯をまた嵌められたり、私の射精はTさんに実際に
調教を受けている時にたまにしかお許しが出ない事が多いので
自分が望んだ事とはいえ、長く射精させてもらえない事が多く
辛くもあり、喜びでもあります。

私がいない昼間などは、妻がどのように電話やメールで調教を
受けているのか知りませんが、前に少し話してくれたところによると
私がいないので100%M奴隷としか扱ってもらえてないようで
(私の前では妻の威厳がなくなるような事はあえてさせていない
みたいです)、かなり厳しくされているようです。

私には絶対見せないような、例えば妻の苦手とする痛い系や
排泄系などもあるみたいで、テーブルに吸盤付きのディルドを固定して
全裸で鏡に向かって両乳首にはクリップを自分で付けさせられて
手は頭の後ろで組んで、ガニ股でディルドにまたがり、すでに
濡れているオ〇〇コに沈めていき、「T様、ありがとうございます
T様、ありがとうございます」と大きな声で何度も言わされながら
腰を上下に動かしながら、惨めで卑猥なオナニーをさせられたり
自分で浣腸させられて、言われた時間まで苦しみながら我慢し
出す時は「T様、〇〇は脱糞します。T様、〇〇は脱糞します」と
誰も見ていないところで大きな声で言わされながら大も小も
排泄させられたりと、今まで私の前では絶対にしなかった事を中心に
私の嫉妬心と屈辱感を与えるような調教は、わざと私に言わせている
みたいです。

奴隷を調教する時に一番効果のあるのは、排泄管理と性管理と
いうのを知り尽くしているTさんですので。
[ 2017/10/06 12:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

近況

「ある日の事」は、もう一年以上も前の事で、以前の記憶を辿って
最後の方は書きましたので、あやふやな点もありますがお許しください。

さて、私たち夫婦の近況ですが、Tさんとの関係はまだ続いていて
一時は仕事に差し支えるからと装着していなかった貞操帯も
「ある日の事9」以降はずっと毎日、よっぽどの事がない限り
装着されています。

Tさんとの関係が、Tさん>妻>私 の完全な主従関係になった今
Tさんの言葉が絶対で、と言っても、いつものように荒っぽい言葉で
命令したり暴力的な事は全くないTさんですが、それだけでに余計に
怖さがあり、深く性的な事を仕込まれた妻は、Tさんに捨てられたくない
一心で、私はそんな妻に嫌われたく一心でTさんの言葉に従っています。

ただ、普段の生活の大半は、妻と私との二人きりの生活になりますので
毎日のルーティーンは淡々と行われます。

毎日、貞操帯が目立たないようにする為に、自分でデパートで購入
させられた女性用の真っ赤な大きめのガードルを着けさせられて
少し大きくなった乳首には常にOリングを装着(ピアスを入れるという
話も出ましたが、男性のニップルピアスはさすがに社会生活に影響が
出るかとお許しいただいていますが、そのうちTさんに言われると
しないといけなくなる可能性もあります)で出勤しています。

例え女性と知り合いになっても、ワイシャツすら脱げませんし、元より
他の女性とどうのこうのなろうとは、今の私には毛頭ありません。
Tさんの下で、妻と私は幸せに生活が出来ていますので。
ただ、長期間の射精管理は、この歳になっても辛いものがありますが
管理者が妻からTさんに変わっただけで、元々の私の望みから
始まった事ですので、その辛さも喜びに繋がっているのだと思います。

妻はと言うと、Tさんの性奴隷になってからは、下の毛はエステで脱毛
させられてはいますが、痛いのが苦手な妻は、私とは別の意味で
ピアスには応じないで、乳首とラビ〇、クリ〇〇〇は少し大きくされて
いますが、元々の姿でTさんに性奴隷として扱われています。
Tさんも妻の事を気に入られているみたいで、あまり無理にとは
思われていないのかも知れません。

仕事から帰宅すると、普通の夫婦のように、色々な話をしながら
夕食をとったり、テレビを観たりしますが、お風呂は前からですが
二人一緒に入ります。
ここまでは普通の夫婦でもよくある事ですが、お風呂は二人に
とっては、貞操帯の中のペニスやその周辺を洗浄するというとても
重要なルーティーンです。

お風呂に入ると濡れてもいいようにゴム系の紐で、自分で自分の
モノに触る事が出来ないように後ろ手に縛られてから、貞操帯の
南京錠を妻が解除してくれて、ペニスケースから何週間も射精
させてもらっていない先走り汁等で汚れて半勃起して出てきた
ペ〇スを妻が、少し目の粗いタオルにボディーソープを付けて
洗ってくれます。
何週間も射精していない私はすぐに逝きそうになりますが、
そんな事は許されるはずもなく、逝きそうになるとシャワーの水で
ソープを洗い流され少し小さくなったところで、またタオルで擦られ
何度か繰り返された後、最後に水で小さくなったところで、再度
貞操帯を嵌められ、施錠されます。

体を清潔に保つのは社会人として当然の事ですが、私の
場合は意味が違います。
その後後ろ手の拘束を解かれ普通に二人で入浴し、その後は
何もない限りそのまま寝室に向かいます。

勿論、寝室でも二人だけのルーティーンが行われます。





[ 2017/10/04 13:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ある日の事9

四つ這いでバックから髪の毛を掴まれながら激しく突かれ
「いく・・いく・・いきます」という声が漏れて体が痙攣し出したら
動きを止められ少し落ち着くとまた激しく突かれを繰り返され
今にも狂いそうな妻です。

妻の視線の先の(もはやはっきり見えていない?)ベッドの下には
土下座のまま少し顔を上げてその情景を見さされている情けない夫。
たまに妻と視線が合いますが、その目は快楽なのか苦痛なのか
ずっと目が潤んでいます。

また激しく突かれ、出したところでTさんが私に向かって
「ご主人、膝立ちになって自分で自分のモノをしごいて下さい」
「私たちが終わるまで決して逝ってはダメですよ!」と少し興奮した声で
言い放ちます。
するとまた妻の喘ぎ声が大きくなります。
妻たちも逝きそうになっているのか、またTさんが私に向かって
「私たちが終わったら、逝っていいですから左手の手のひらに出した
精子を受けてそのままでいて下さい」
と言うやいなや、妻の「逝きます!逝きます!」という大きな声とともに
二人は終わったみたいで、私も何週間も射精させてもらっていない精子を
左手の手のひらに受けます。
量が多すぎて手のひらから零れ落ちる精子もありますが、ほとんどを
Tさんの命令ですので、しっかり受け止めます。

ここで二人の後始末をさせて頂けるのかと(妻の体に直接触れる
機会がほとんどないので)期待をしましたが、Tさんは妻の中に出した
ものはそのままにし、オ〇〇コからベッドに敷いたタオルの上に
流れ出たままで自分のモノを優先にお掃除フェラをさせて、それを
妻は嬉しそうにやっています。
オ〇〇ポの先から根本まで恍惚な表情浮かべ舌でゆっくり舐め取り
陰嚢やその奥のアナルまで丁寧に舐め取ります。

私は膝立ちで、左掌にTさんのお許しを得て数週間ぶりに自分で
しごいて出させていただいた精子を零さないように大切に持ちながら
妻のその姿を見ていました。
あの清楚な妻が私が望んだとは言え、他の男のアナルまで嬉しそうに
舐めるとは・・・信じられない光景です。
私には普通のSEXをしている時から絶対しなかった行為ですのに
Tさんの言う事なら、嬉しそうに・・・

妻のお掃除フェラが終わると自然に妻がTさんの腕枕で抱かれる
体勢になり、まったりとした時間が流れますが、その間も妻の指は
Tさんの乳首を触ったり、胸の上に覆いかぶさり乳首を舐めたり
していて、この時の嫉妬心が一番大きかったです。
プレイのような激しい時間よりも、普通の男と女のまったりとした
甘い時間の方が。

しばらくするとTさんが私に向かって「ご主人、手のひらにある自分の
精子を舐め取って、一滴残らず飲み込んで下さい」と、言われました。

自分の妻は、他の男の中に出された精子をお掃除フェラさせられて嫉妬し、
自分は、自分でしごかされ、自分の手のひらに出さされた自分の精子を
舐めて飲まされる大きな屈辱感を与えられました。

ただ、若い頃でも普通のSEXをした後は、なかなか回復しなかったのが、
今、嫉妬心と屈辱感を同時に与えられて、歳のとった中年のモノは、射精を
したばかりなのに、すでに大きくなって完全勃起しています。
つくづく自分は変態Mなんだと思い知らされます。

ベッド上では妻が腕枕されながらまだTさんの乳首をいじりながら嬉しそうな
顔をしてTさんを見つめています。
私はバスルームに行って、汚した手や小さなオ〇〇ポをシャワーでキレイに
するよう指示があり、恥ずかしくも勃起したままバスルームに向かいキレイに
してから部屋に戻ります。

すると妻からCB6000Sを指さし「最後の施錠は私がするから、その前の
段階まで付けておいて」と言われ、シャワーで勃起が治まった小さなペニスを
ケースの中に入れ込み、リングをしてから南京錠をリングの穴に通して
妻の方を見ると無言でこちらに近付いて来て、南京錠を施錠しました。

施錠をした後、私は全裸で後ろ手に縛られて椅子に繋がれ目隠しをされ
気配では妻とTさんはバスルームに行ってみたいで、中から声が漏れ聞こえ
ますが、何をしているか分からず、たぶん、Tさんの体をソープ嬢のように
洗っているのだと思い、これにもまた嫉妬し治まっていた私の小さなペニスは
CB6000Sの中ではち切れんばかりに大きくなっていましたが、後ろ手に
縛られているので、CB6000Sにすら触る事も出来ずにその時間が
過ぎるのをじっと待つしかありませんでした。









[ 2017/10/02 13:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ある日の事8

Tさんは自分のモノを妻の口から抜き、足指を私の口から抜くと
妻の体を四つ這いのまま逆に向かせて顔をベッドに付け、
腰を低くお尻だけ高く上げ、感じすぎて肥厚した妻のラビ〇や
アナル、剥き出しになったクリ〇〇〇がTさんの顔の前になるような
女性としてとても恥ずかしい姿勢をとらされました。

私はと言うと、四つ這いでベッドに顔を付けている妻の目の前で
正座のまま、これから行われるTさんと妻の行為を待ちます。

Tさんが妻の陰部を見ながら「どうして欲しい?」と妻に短く言うと
興奮しきっている妻は即座に四つ這いのまま私の目を見ながら
上ずった声で「Tさんのオ〇〇ポを私の淫乱なオ〇〇コに入れて
下さい、お願いします」と答えると、今度は私の方を見て、
「ご主人は?」と聞かれると妻は目で私に(あなたお願いして)と
訴えかけます。
私も妻のその目を見るなりすぐに「Tさんの大きなオ〇〇ポで
妻のオ〇〇コを犯して下さい。お願いします」と答えました。
するとTさんは、妻に向かって「ご主人もああ言ってるよ、〇〇
もう一度大きな声でお願いしなさい」と強い口調で言うと妻は
「Tさんの大きなオ〇〇ポで私の淫乱なオ〇〇コを犯して下さい」
「お願いします、お願いします」と普段上品なしゃべり口調の妻の
口からはしたない言葉が発せられると、Tさんは勃起したモノを
妻の陰部の周りに触れる程度にくっつけると、それだけで妻の体は
ぴくぴくを動き自らお尻を擦り付けようとすると、Tさんは離しの
繰り返しで焦らされます。

再度「お願いします!お願いします!」と妻が懇願するとようやく
四つ這いのバックから妻のあそこに挿入され始めはゆっくりと動かし
徐々に早くピストンされ、妻の大きな喘ぎ声で私の小さなモノは
最大勃起します。
Tさんも興奮してきたのかバックから妻を貫きながら、最近大きくなった
妻の乳首をつねりあげたり、両手首を後ろに引っ張りながら
より深くを突いたり、たぶん私のモノでは届かないところまでTさんの
モノはいってるのでしょう、妻は悲鳴のような喘ぎ声を上げています。

その引っ張る手を離すと、次は妻の髪の毛を掴み後ろに引っ張って
顔を上げさせ「よくご主人の顔を見なさい」「他の男にバックから
犯されて喘いでる〇〇の姿を見てもらいなさい」と言いながら
激しく腰を打ち付けます。
髪の毛を掴まれて喘ぎながらこっちを向いた妻の目は潤んでいて
その理由は分かりませんが。

[ 2017/09/30 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム