FC2ブログ

妻と貞操帯と射精管理

妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫の記録です。

ダイニングで

全裸にニップルリングのみの女奴隷二人による料理の
準備ができ、長方形のダイニングテーブルの片側に
椅子を三脚並べ、もう片側に一脚置かれました。

勿論、Tさんが三脚側の真ん中の椅子に素肌に
ガウンだけを羽織って腰掛け、その両隣には、
2人の女奴隷が、料理中まで嵌めていたニップルリングは
外され、そのかわりに、寝室で使っていたクリップ二つを
細い紐で繋がれたものを、二人とも両乳首に付けられ
繋いだ紐がテーブルの上に半円状に垂れ下がっている?
ような感じに座っていました。

私はというと、よくある床でというのではなく、
全裸に貞操帯だけの姿で、向かい側の一脚の椅子に
手は後手で背もたれに、足は椅子の脚に開いて縛られ、
三人が食事するのを見ているだけでした。

前の三人の普通でない食事の光景を見ているだけも
貞操帯の中の小さなモノは窮屈の中でいっぱいに
大きくなり、先走り汁を垂らしていますが、CB-6000Sを
触ることも出来ずに、長く射精もさせてもらっていない事もあり
おかしくなりそうです。

三人は普通に食事をしていますが(両端の女性が全裸で
乳首クリップされているだけで普通ではないですが)
時折Tさんは食事しながら、順番に妻と希さんの乳首から
垂れ下がっている紐を引っ張ったり、時には箸を置いて
両手で二人同時に引っ張ったりして、今日、ずっと責められて
痛みが蓄積されているでしょう乳首への刺激に、二人とも
その都度、短い悲鳴のような声を出していましたが、
食事中大きな声を上げようものなら、もっと厳しいお仕置きが
待っているのを知っているのか、二人とも声を押し殺して
耐えていました。

また、テーブル中央にTさんがわざと置いたグラスに入った
お茶に、乳首から垂れ下がっている紐をまわして、
乳首で引っ張ってTさんの近くまで持って来させたり、
女奴隷二人ともすっかり濡れている局部や、
剥いたクリトリスに、食事で使っている辛子を塗り付け
熱くなってヒリヒリ痛み苦しむ姿を見て楽しんだり、
辛子が必要な女奴隷二人の食材には、それを自分の
局部に塗られた辛子を付けて食べさせられたり、
何気ないTさんの行為に強いS性を感じます。

そんな感じで3人の食事は終わり、私も食事をさせて
いただけました。
しかし、当然?普通ではさせていただけません。

縛れていた両手足の縄は解かれ、自由になりましたが
まず最初に二人の女奴隷から、先ほど局部に塗られた
辛子を舐めるように指示され、バスルームでのように
まず妻が立ったまま、私の髪の毛を掴んで自分の股間に
私の頭を持っていき、
「キレイに舐め取りなさい」と、少し強め口調で言われ
妻がヒリヒリする辛さから少しでも早く解放されるよう
必死で舌と唇を使い舐めました。

そうしていると希さんもTさんから促されて、妻の横に立ち
「私も舐めて下さい」と遠慮がちに言いながら、
妻が掴んでいる私の頭を掴んで自分の方に引き寄せ
舐めさせ始めました。
交互に舐めていると二人の口からは、小さな喘ぎ声が
漏れて、その声を聞いた私は興奮度が上がり、先走り汁も
大量に垂れてきて、それを見たTさんは表情ひとつ変えずに
私のお茶碗に盛られたご飯の上にかけていました。

そのご飯を二人の女奴隷の局部から舐め取った辛子を
おかずに、三人の見ている前で食べさせられたのは
言うまでもありません。

私の食事をするところを見ていた三人ですが、Tさんが
飽きたのか、立っている二人の女奴隷の乳首から
垂れ下がっている紐を引っ張り自分寄せて、
両手を使って妻と希さんの局部に指を入れてかき回し
その事によって二人の長い間絶頂を味わっていない体は
大きな反応をし、腰をくねらたりして絶頂を迎えようと
しますが、許させるはずもなく、姿勢を正すよう、
お尻を叩かれたり、頬に軽いビンタをされていました。

その光景は圧巻でした。

ありがちな、床に置いた残飯を手を使わずに、犬食い
させられる、みたいのとは違いますが、私にとっては
とても刺激的な食事の時間でした。

[ 2018/11/20 15:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

バスルーム~

バスルームから上気し、顔や体を紅潮させた妻が
Tさんより先に出てきました。
バスルームの中で、どんな事をされていたのか
分かりませんが、少しふらついているような感じです。

後日聞いた話では、ソープ嬢のように自分の体を使い
ボディーソープでTさんの体を洗わされたり、
バスタブの縁にM字で乗り、小便をさせられたかと
思うと、Tさんの小便で自分の洗髪をさせられたりと
本当に辛い事もされたようですが、すっかりTさんの
虜になってしまっている妻は、それらの合間に少し
乳首や局部や体全体を泡の付いた手を触られるだけで
凄く感じていきそうになるくらい、と言っていました。

本当に私も希さんも、嫉妬心でおかしくなりそうです。

脱衣所で希さんに向かい妻が少し強めの言葉で
「希さん、体を拭いてちょうだい」と、言いました。

普段の妻は、あまり強い口調で他人には話しませんが
Tさんからそうするように命じられたのだと思います。

ただでさえ自分だけ外で待たされていた希さんは
少し戸惑っていましたが、すぐに膝立ちのまま
手に持っていたバスタオルで妻の体を拭きにかかり
ニップルリングで締め付けられ、Tさんのバス内での愛撫で
痛いほど勃起した妻の乳首にタオルで触れた時、
妻の口からは「うっ」という声がもれました。

よほど敏感になっているのでしょう、次もまたTさんに
命じられているのでしょうか、膝立ちになっている
希さんの頭を両手で掴み自分のすでに潤っているだろう
局部へ持っていき、
「しっかり、舐めなさい」と言うと、希さんはまた戸惑いながら
口を妻の局部へあて、舌を使ったり舐めたりして
妻も希さんの頭を自分の局部へ息ができないくらいに
強く引き寄せ、快楽を貪っていました。

綺麗で上品な女性二人の光景を目にした貞操帯の中の
私の小さなモノは、はち切れんばかりに大きくなりましたが
射精は元より、触ることもできないもどかしさに悶絶しました。

妻の口から声が漏れ始めた頃、Tさんがバスルームから
出て来られ、妻と希さんを引き離し、今度は妻がTさんの
体を拭くように言われ、希さんはまた正座で待つようにとに
指示で、また希さんの顔は悲しそうにくもりました。

今回、この2日間に及ぶ調教では、Tさんは希さんを精神的に
堕とす事に重点を置いていたのだと、この時点では感じました。

希さんと私に、見せつけるように妻に体を体を拭かせていた
Tさんは、さっき妻が希さんにやっていたように、
まだ完全勃起していない大きなモノに妻の頭を掴んで引き寄せ、
口の中にねじ込むと、それに応えようと妻が必死で奉仕します。

時折、妻が嘔吐するほど深く長時間入れたままにしたかと思うと、
口から出して完全勃起して尖から出る汁を、舌だけで舐め取り
キレイにした後、Tさんは希さんに、「奥さんの頭を拭てあげなさい」
と命じましたが、この時希さんはまだ妻の頭がTさんの小便で
洗髪させられた事を知りませんが、きっと妻の頭は、シャンプーの
匂いではない異臭だったと気付いていただも知れませんね。

その後、希さんと私はシャワーをする事も許されず、妻は自分で
体を拭き、希さんと妻は全裸にニップルリングだけの姿で夕食の
準備にキッチンへ行き、私は料理など一切できないので
ソファーに腰掛けたTさんのマッサージをさせていただきました。

その普段ではあり得ないような状況に、全裸に貞操帯だけの
姿ではありますが、男性にマッサージしているのに
貞操帯の中で小さなモノを大きくさせて先走り汁を垂らしている
私は本当に情けない変態M夫です。

普段の私を知る人からすると、絶対信じられないと思います。




[ 2018/10/24 13:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

夫婦の寝室での調教 ~食事前まで

私の口からご自分のモノをを抜いたTさんは、
背中合わせに縛られている二人の奴隷の
口を猿轡のように縛っていた縄だけを解いて
先ずは妻の口の中へ入れました。

まだ鼻フックや乳首クリップなどを付けられたままの
恥ずかしい姿の口の中に大きくて太いぺ〇スが
入っている光景は、”卑猥”という言葉そのものでした。

それを背中越しで顔の向きも変えられない状態で
拘束されたまま感じている希さんは、嫉妬心からか
目から涙が少し滲んでいました。

希さんはまだ若くて独身。

私たち夫婦とTさんの関係とは少し違い、Tさんの奴隷で
あると同時に、希さんの中では、まだ少しは”恋人”?
”彼女”?という感情があるのでしょうか、見ていて
少しかわいそうな気もしましたが、S性の強いTさんの
事ですから、これから先、更に厳しく調教と躾けをされ
完全に性奴隷としてTさんの側に居ることになるのは
手に取る様にわかるので、希さんもそれを望んでいる
でしょうが、こんなに若い時からこの道に入るのは
なんとなく複雑な気持ちにもなりましたが、
羨ましくも思いました。

こんな状況なのに、感傷に浸ってしまいました。

しばらくすると、妻の口から嗚咽するような息が漏れ
Tさんの白濁液で妻の口内はいっぱいになり、
妻はそれを嬉しそうに呑み込み(私の精子は呑んだ
事もなく、それだけは拒否していた妻ですが、Tさんのは
調教が進んでからは喜んで呑むようになりました)
Tさんはご自分のペ〇スに残っている精子を、
私に「ご主人、そうじして下さい」と私の顔の前につき出し
それを私は、自分も射精させていただきたい一心で
夢中で口の中に含み、舌で舐め取りキレイにさせて
いただきました。

結局、Tさんだけ射精でいくことになり、それを妻が口で受けて
私はおそうじフェラをさせていただきましたが、希さんは
直接、体に触れてさえもらえず、妻がTさんのモノをご奉仕
させて頂いていた時より、悲しそうな顔をしていました。

3人の奴隷は、誰一人いく事を許されず、たぶん悶々と
していたと思いますが、特に今回は希さんが一番、
調教のターゲットにされていたと感じました。
嫉妬心を煽られ、辛い精神的な責めで。

3人の奴隷の縄やクリップ、鼻フック等が解かれ、
私には貞操帯が再装着され、妻と希さんには、金属製の
輪っかの大きさを指で簡単に調整できるニップルリングを
両乳首にきつく嵌められ、Tさんは妻だけを連れて
バスルームに行き、私と希さんはバスルームのドアの前で
正座して二人が出て来るのをバスタオルを持って
待つように言われました。

バスルームの中から妻の喘ぎ声がしますが、何をされて
いるのか分からず、横で正座している希さんを見ると
また目から涙がほおをつたわり綺麗な胸の上に落ちて
いくのを見ていると、私も同じ立場にあるので、
気持ちは痛いほどわかりますが、それは私の比では
ないのだという事もわかりました。

Tさんは本当にS性が強い人です。








[ 2018/10/23 13:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夫婦の寝室での調教 その後

Kさんへ

コメントありがとうございます。
励みにして、できるだけ更新します。


夫婦の寝室でのTさんによるM奴隷二人への調教は
Tさんと希さんがその日は、うちに泊まりという事で
その後も時間を気にすることなく続けられました。
勿論、最下等の私への調教も兼ねてですが。

Tさんが、リビングで後手に椅子に縛られていた私のところに
やって来て、目隠し、後手縛りはそのままで、後手の縄尻を
リードの様に引っ張りながら、私を2階の寝室へ連れて行き
床に正座させ、目隠しが取られると・・・

希さんと妻は床に背中合わせに密着するように正座させられ、
2人まとめて、胸の上下、腕と腕、手首と手首、足首と足首、
ウエストとウエスト、口と口(猿轡)を、麻縄でぐるぐるに縛られ、
身動きできない姿でいました。

若くてTさんのお気に入りの希さんは勿論ですが、
(私が言うのもおこがましいですが)妻のその顔と姿は美しく
私も縛られて正座の姿勢で見させていただきましたが
それだけで、完全勃起し先走り汁を垂らしてしまいました。

背中合わせにまとめて縛られ、胸の上下にも縄が掛けられて
いますので、当然のことのように、奴隷二人の乳首は勃起し
それをそのまましておくのも勿体ないかのように、
Tさんは無言で私に見せつけるかの様に、細紐で繋げられた
クリップを、まずは妻のみ右乳首に挟むと、妻の口からは
「うっ」という呻き声が漏れ、そのクリップのもう一方を、
妻の右肩越しから希さんの左肩越しへ持って行き、
望さんの左乳首を挟むと、今度は希さんの「うっ」と、いう呻き声
が聞こえ、もう片一方の乳首も同じように、二人は乳首クリップで
繋がれました。

ただでさえ、身動きがとれないところに、今度は1人が動くと
もう一人にクリップが引っ張られ痛みが増す、という、これもまた
連帯責任のような責めに二人とも辛そうでしたが、その上気した
表情は、どこか嬉しそうにも私には見えました。

今回は乳首だけでなく、その態勢のまま、鼻フックを2つ繋いだ道具で、
まずは、妻の鼻に鼻フックがかけられ、もう一方の鼻フックを
2人の頭越しに希さんの鼻にかけ、頭の上の繋いだ革ひも?が
ずれ落ちないように、二人の髪の毛にヘアピンで留められたのを見て、
とても斬新に思いましたし、とても2人とも艶っぽかったです。

2人とも普段は上品な顔立ちですが、口には麻縄の猿轡、鼻には
鼻の穴が上を向くほど鼻フックで吊り上げられ、両乳首には
クリップが相手と繋がっている光景は、現実社会ではないような
私が物心ついた頃から夢にまで見たような光景でした。

この状態のまま、Tさんは何をするでもなく、ベッドのふちに
腰掛けたまま、2人の羞恥や苦痛、快楽に歪む表情などを、
ゆっくり楽しむように、満足そうに眺めていました。

しばらくするとTさんは私に

「ご主人、この2人の奴隷の姿どうですか?」「特に奥さん」

と聞いてこられたので、私は後手縛り正座のまま、モノの先から
汁を垂らしながら、

「本当にきれいですし、こんな興奮した事はありません」

みたいな感じで答えたと思うのですが、興奮し過ぎてて、
はっきりとは、何を言ったか覚えてません。

するとTさんは、珍しく自分の手で先走り汁を垂らしている
私のペ〇スをゆっくりと擦り始め、私が

「いきます、いきます、いってもいいですか、いかせてください」

と、今にもいきそうになりながら言うと、手を止めては、また
同じことを何度か繰り返しながら

「ご主人、いかせてもらえるはずないですよね」と、半笑いで
言われました。

するとTさんは、その日はじめて自分のズボンとパンツを
脱いだかと思うと、私の1.5倍の長さ太さがあり、硬さや滑りを
もった立派なモノを、後手縛りで正座させられている私の顔に
持ってきて、「ご主人、奉仕して下さい」と言われ、
妻とTさんの彼女のいる前で、男性のモノを口にする屈辱感や
羞恥心は大きなものでしたが、それを上回るSM的な快楽に負けて
私はTさんのモノを口に含み奉仕しはじめました。

Tさんがパンツを脱がれた瞬間に、背中合わせで顔の向きも
変えられないような状態で縛られている二人の奴隷は、
Tさんのモノを見たくて、目だけを必死に動かして見ようとしている
惨めな姿は印象的でしたし、私もご主人様のモノをご奉仕したい、
中に入れていただきたい、という気持ちが伝わってきて、
後から思えば、私に奉仕させたのは、二人の奴隷の嫉妬心を煽り
益々、自分への従順な気持ちを高めさせたのではないと思い、
Tさんの高いS質には感服しました。

1人で3人の奴隷を扱えるSの人はなかなかいないんじゃないかと。







[ 2018/10/22 13:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夫婦の寝室での調教


以前、元々M性の方が強いはずの妻に、妻のM性を上回る
変態的M性癖を持っていた私がお願いして、
私をM奴隷として扱い、貞操帯を用いての射精管理を
して貰う事から始まったこの関係ですが、私たち夫婦を知る
周りの人からすると、信じられない事だと思います。

普段は私が社会的にも人間関係としても私が引っ張り
妻がそれについてくるいう感じですので、信じがたいとは
思いますが、SMの関係って、男Mとか女Mとか関係なく
そういうところは多いかも知れませんね。

そういう非日常のギャップを楽しんでいる方が多いのかも
知れません。

後日、妻から聞いた S男性1人、奴隷女2人の調教内容は・・・

私が妻に射精管理をお願いした頃に、夫婦の寝室の
天井付近にインテリアとしてもおかしくない梁を取り付ける
リフォームをしました。
寝室内にはバス・トイレがあり、排泄系の調教も
寝室内でできます。

寝室内には大きめのベッドがひとつあるだけで普段は
夫婦でいっしょに寝ています。
天井の梁は、私が物心ついた頃から、吊られて責めを
受けている画像等を見ると、とても性的に興奮したので、
人を吊って責めてみたい、自分も吊られて責められてみたい
という想いが強かったので、妻に射精管理をお願いしたのを
きっかけに造ってもらったので、思い入れがあります。

決して画像で見る普通の縛りに嘘があるとは言いませんが、
吊るための縛りには嘘はないと思っています。
重力がかかっている訳ですので。
特に逆さ吊りは、ごまかしで出来る縛りではないので、
特に興奮します。

妻の射精管理が始まり、もっぱらそこに吊られるのは
私だけですが、チェーンブロックを購入し、逆さ吊りまで
してもらい、鞭で打ってもらったりした事もありますが
興奮の極致でした。

逆さ吊りにされて、蝋燭を垂らされたり、細紐でモノを縛られ
錘を付けられたり、足指を口の中に突っ込まれ指を舐めさせ
られたり・・・
逆さ吊りにされて責めを受けた人は分かると思いますが、
頭に血がのぼっているのか、興奮度は増し、モノに
触れられるだけで、すぐにいきそうになります。

でもその頃のうちは、射精管理がメインでしたので、
結局、射精させてもらえないま吊りから降ろされて、
氷で勃起をおさめられ、そのまま貞操帯を装着されることも
多々ありましたので、その辛さは相当なものでした。

なぜ、天井の梁の話を書いたかと言いますと、
2人の奴隷は、夫婦の寝室のその梁に、両手首を縛られ
つま先立ちになるくらいに全裸で2人並べられて吊られ
責められた、という話を妻から聞いて、普段の時に聞いた
話ですが、勃起がおさまりませんでした。

2人並べられて、縛られた両手首から出る縄尻を、天井の梁の上を
通してつま先立ちになるまで目いっぱい床方向に引っ張っられ
戻ってきた縄尻を縛られた両手首の間で留められ、
全く身動きできない状態で、責められたみたいです。

乳首を抓られたり、向かい合わせにされて、キスをさせられたり
強力なクリップを短い細い紐で繋いだ道具を二つ用意し、
妻の右乳首と希さんの左乳首、妻の左乳首と希さんの右乳首に
クリップを挟まれて繋がれて、一人が鞭で打たれ体を反らしたり
動かしたりしたらクリップに繋がった紐が引っ張られもう一人の
乳首のクリップが引っ張られ激痛が走るが、相手の事を思って
動ないようにするも、鞭の痛さには耐えられず動いてしまったり
乳首相撲みたいな感じで引っ張りあって先にクリップがはずれた
方に罰が与えられたりと、1対1では出来ないような連帯責任や
競わされるような3人でしかできないような調教が多かったみたいです。

SM的な強制レズプレイみたいな感じでしょうか・・・

どちらもTさんに気に入ってもらいたくて必死だったそうで
負けた時の罰と言っても体罰でなく、勝った方の奴隷がTさんに
ご奉仕させて頂いたり、可愛がってもらうのを横で縛られたまま
見ているだけという精神的な罰みたいで、嫉妬心が煽られ
肉体的な罰よりきついと妻は言ってました。

たぶん、私が妻に抱くような感情かも知れません。
私の場合は妻の寝取られ調教という自分から望んだものですけど。

[ 2018/09/26 13:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

syou

Author:syou
妻により貞操帯を用いて射精管理をされている夫です。現在、妻は他の男性の性奴隷と化し、最下層に私がいて二人に性管理されています。普段は円満夫婦です。仕事では管理職をしている私と知的で美人の妻との日々を綴ります。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム